メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

入試改革に疑問次々 大学生座談会 採点の公平性が必要、思考力は選択式でも

最後の大学入試センター試験で開始時間を待つ受験生=東京都文京区の東京大学で2020年1月18日午前9時11分、北山夏帆撮影

 大学入試センター試験が終わり、2020年度から行われる大学入試改革。その一環として、大学入学共通テストが始まる。最近では、このテストへの国語と数学の記述式問題と英語民間試験の導入見送りが決定し、大きな話題となった。さまざまな意見が飛び交う大学入試改革だが、実際に大学入試を経験してきた学生はどう見ているのか。座談会で生の声を聞いた。【司会・まとめ、立教大・明石理英子、写真は東洋大・佐藤太一】

 ――まず、記述式問題と英語民間試験の導入見送りが決定したニュースを見た時の率直な感想を教えてください。

 A 妥当な判断。高校や大学の対応が追いついていないため、時期尚早だと思うから。

 B 私も妥当だと思った。英語民間試験は受験にもお金がかかり、全員が平等に受けられるものではないから。

 C 共通テストの導入が決まった時から、採点の公平性などさまざまな問題が指摘されていたため、導入の必要性を疑問に思っていた。

 D 高校生などが、共通テストの実施に反対しているのを見ると、本当に受験生のために考えられた入試改革なのか疑問に感じていた。

 ――大学で勉強していくなかで、受験での知識やスキルが必要になったり、役立ったりしたことはありますか。

 A 数学も受験科目だったけれど、当時はテクニックを重視して解いていた。統計の授業を受けた時に、もっと理屈を重視して勉強すればよかったと反省した。

 B 理系の授業は高校での勉強が基礎知識として必要なことが多い。受験していない科目の知識は身についておらず、授業が理解できない時がある。

 A 逆に世界史の知識はとてもためになった。授業に人名などが出てきてもイメージしやすい。

 C 入試英語では文法の知識が身についた。英会話をする上でとても役に立っている。

 D プログラミングをする際、数学で覚えたように公式を覚え、使うことが重要になった。

 ――入試改革には、推薦入試等の入学定員の拡大も目標の一つにあります。推薦入試をとおして学べたことはありますか。

 C 推薦入試には論文のテストがあったので、文章を書くことへの抵抗がなくなった。自分が考えてきたことや志望学科への関心が入試で問われるため、やりたいことへの一貫性が強まったように感じた。

 ――(導入が延期された)共通テストの記述式や英語民間試験の導入は必要だと思いますか。

 B 記述だけが思考力を測れるものだとは思わない。例えば、…

この記事は有料記事です。

残り915文字(全文1918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです