メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸市の三宮とポートアイランドを結ぶ神戸大橋は車が通れない状態が続き、徒歩で渡る人の列が絶えなかった=神戸市中央区の神戸大橋で1995年2月、内林克行撮影

 あの時、私は神戸支局の3階宿直室で床に就いていた。すさまじい揺れで夢うつつの状態から覚め、2階の編集室に急ぐと、室内は足の踏み場もないほどぐちゃぐちゃになっていた。

 支局員から次々と電話が入る。乳飲み子を抱えた若い男性記者は「家を片付けてから出社したい」と言う。しかし「駄目だ。すぐに来い」と命じた。非情な言葉。今なら問題になってもおかしくないところだが、当時はそれが当然だったと思う。

 かくいう自分も、神戸・ポートアイランドの高層住宅に妻と幼子2人を残していた。後輩に厳しい言葉を吐いたものの、午前中の記憶はほとんどない。家族の安否が気になり、仕事どころではなかったからだ。正午過ぎだろう、妻と電話がつながった。「私たちは大丈夫。だから、気にしないで仕事してね」。体中の力が抜けた。

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです