メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸市の三宮とポートアイランドを結ぶ神戸大橋は車が通れない状態が続き、徒歩で渡る人の列が絶えなかった=神戸市中央区の神戸大橋で1995年2月、内林克行撮影

 あの時、私は神戸支局の3階宿直室で床に就いていた。すさまじい揺れで夢うつつの状態から覚め、2階の編集室に急ぐと、室内は足の踏み場もないほどぐちゃぐちゃになっていた。

 支局員から次々と電話が入る。乳飲み子を抱えた若い男性記者は「家を片付けてから出社したい」と言う。しかし「駄目だ。すぐに来い」と命じた。非情な言葉。今なら問題になってもおかしくないところだが、当時はそれが当然だったと思う。

 かくいう自分も、神戸・ポートアイランドの高層住宅に妻と幼子2人を残していた。後輩に厳しい言葉を吐いたものの、午前中の記憶はほとんどない。家族の安否が気になり、仕事どころではなかったからだ。正午過ぎだろう、妻と電話がつながった。「私たちは大丈夫。だから、気にしないで仕事してね」。体中の力が抜けた。

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです