LGBTら権利訴え、レインボーパレード 川越で県内初開催 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
性の多様性を表す虹色の旗を振りながら行進するLGBT当事者や支援者ら=埼玉県川越市脇田本町で
性の多様性を表す虹色の旗を振りながら行進するLGBT当事者や支援者ら=埼玉県川越市脇田本町で

 性的少数者(LGBTなど)の権利や、あらゆる差別の解消を当事者や支援者が訴えながら行進する「2020彩の国さいたまレインボーパレード」が25日、川越市で行われた。性的少数者への理解を訴える街頭活動「プライドパレード」の一環で、県内では初開催となった。

 当事者ら約200人が参加。性の多様性を表す虹色の旗を振り、「ハッピープライド」などと声を上げながら、川越駅周辺の市街地約1・5キロを約1時間にわたり練り歩いた…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

あわせて読みたい

注目の特集