メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県道事故3割減 外環道開通効果 交通量減少、安全性高まる /千葉

 2018年6月に東京外郭環状道路(外環道)の三郷南インターチェンジ(埼玉県三郷市)―高谷ジャンクション(市川市)間が開通して以降、並行する県道の事故件数が約3割減少したことが国土交通省関東地方整備局のまとめで分かった。住民対象のアンケートでも、大型車などが外環道を利用するようになり「安全性向上など環境が改善された」とする回答が約7割を占めた。【小林多美子】

 開通したのは高速道路部分15・5キロと並走する国道298号の松戸市上矢切―市川市高谷間の11・4キロ。物流や観光交流の促進、市川、松戸両市内の渋滞改善などが期待されていた。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです