メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香山リカのココロの万華鏡

新型肺炎、一番の予防は /東京

 中国で新型のウイルスによる肺炎が見つかった。亡くなる人も出ている。人から人への感染もあるとのことで、現地では患者が多発している武漢市からの移動を制限するなどして、感染の拡大を防ごうとしている。

 そういった様子がテレビなどで報じられることもあり、外来でも「熱があるのですが新型のウイルスでは」と不安を訴える人がいる。「武漢市に行ったことは」「ないです」「じゃおそらく大丈夫ですよ」といったやり取りをするが、それでも「もしその肺炎だったらどうしよう」と心配そうな顔をする人も少なくない。

 今後の動向は気になるし、感染症にくわしい専門家の見解もさまざまだが、新型ウイルスは、インフルエンザ以上の感染力や深刻な症状を起こす力はない、という指摘に気を配りたい。知り合いの内科医は「私は“インフル以下、ふつうの風邪よりはちょっと上”と見てるんですけどね」と話してくれた。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです