メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四日市市営住宅、地域交流拠点に 今春から大学生入居 /三重

 四日市市は27日、市営住宅の空き住戸に地域の交流拠点を設けたり、大学生に入ってもらったりして、高齢化が進む団地の交流活動を促進させる取り組みを今春から始めると発表した。対象はあさけが丘、坂部が丘の両市営住宅で、市は来月13日、市営住宅の地元自治会など協力者と取り組みに関する協定を結ぶ。

 あさけが丘市営住宅(同市あさけが丘3)には4月から、四日市大の協…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです