メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1日で死んだアオイガイに卵 「人工ふ化しよう」 伊勢シーパラ、世界初に挑戦 /三重

 二枚貝をかぶった珍しいタコ「アオイガイ」。生きた化石とも呼ばれ、長期の人工飼育は困難とされる。志摩市の沖合の定置網で26日に捕獲された個体を、伊勢市二見町の水族館・伊勢シーパラダイスが当日中に公開を始めたが、翌27日に死んだ。ところが殻の内部に房状になった卵が確認された。シーパラのスタッフたちは世界初とされる人工ふ化プロジェクトに着手することになった。【尾崎稔裕】

 シーパラによると、アオイガイが生きたまま捕獲されることは珍しく、各地の水族館の人工飼育期間も1週間~1カ月と短い。シーパラに生体が持ち込まれたのは今回が初めてだった。

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1013文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  5. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです