棚田オーナー募集 高島・鵜川で30組、来月末まで受け付け /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
琵琶湖とJR湖西線を見下ろす「鵜川の棚田」で田植えをするオーナーの家族ら=高島市で2019年5月、塚原和俊撮影
琵琶湖とJR湖西線を見下ろす「鵜川の棚田」で田植えをするオーナーの家族ら=高島市で2019年5月、塚原和俊撮影

 高島市鵜川(うかわ)にあり、眼下に琵琶湖が一望できる景観が人気の「鵜川の棚田」を守る鵜川棚田保存会(山田善嗣会長)が、2020年度の棚田オーナーの募集を始めた。都会の人たちに田植えと稲刈りを体験してもらい、江戸時代から続く棚田を保全する取り組み。5年目を迎え、2月末まで30組を受け付ける。

 鵜川の棚田は「湖中の大鳥居」で知られる白鬚(しらひげ)神社の南から、大津市境にかけて広がる約40ヘクタ…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

あわせて読みたい

ニュース特集