メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ご近所のお医者さん

/512 喉のイガイガと舌扁桃肥大症 「百聞は一見にしかず」=松山浩吉さん /大阪

 「先生、喉の奥がイガイガします。喉の下に何かあるんです。引っかかって夜も眠れないので、喉を見てください」と多くの患者さんが、心配して来院されます。特に耳鼻咽喉科では、耳・鼻・喉といった部位は、自分ではなかなか見ることができないので、仕方がないことです。誰でも目に見えないものに対しては、非常に恐怖感があります。

 そのため、喉頭ビデオ検査で映像を見ながらの説明が一番です。

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  5. 自宅にいるだけなのに…「コロナ疲れ」どう対処する? 心理カウンセラーに聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです