特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜名簿廃棄記録 「国家機密漏えい恐れ」 政府、開示拒む 衆院予算委

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相と全閣僚が出席する衆院予算委員会が27日開かれた。質疑で菅義偉官房長官は、「桜を見る会」の招待者名簿の電子データ廃棄記録(ログ)を開示しない理由について「同じシステムを国家安全保障局も利用しており(記録を確認しただけで)国家機密漏えいの危険が増す。確認は不正侵入の検証などの範囲内で行う」と説明した。また「(電子データの)廃棄の時期は各省庁の判断に委ねられている」との認識を示し、野党側のログ開示要求に応じる必要はないとの考えを改めて示した。

 首相が一問一答形式の予算委員会に出席するのは昨年11月8日の参院予算委以来で、野党の質問は政権の不祥事に集中した。昨年の「桜を見る会」の前日に首相の後援会が東京都内のホテルで開いた「前夜祭」も対象となり、首相は▽ホテル名義の領収書を参加者全員に渡した▽領収書の金額と「摘要」はホテル側が事前に手書きした▽宛名は空欄だった――と説明した。

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文622文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集