メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

プーチン氏、改憲案の狙いは? 大統領以外の権限強化、退任後「院政」へ布石か=回答・大前仁

プーチン露大統領=ロシア南部ソチで22日、AP

 なるほドリ プーチン露大統領が影響力の維持を狙って動き出したって?

 記者 2012年に大統領になったプーチン氏は24年に2期12年の任期を終えます。一方、彼が今月20日に下院に提出した憲法改正案には、ほかの政府機関の権限(けんげん)を強化することが含まれており、そうした機関のトップに大統領退任後に就くのでは、とみられているのです。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  2. 「感染者がいない場所に逃げてきた」鳥取・島根が隠れた人気に 新型コロナで

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです