野党「一問一答」に全力 IR汚職・公選法違反・桜… 衆院予算委、直接対決

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 27日に始まった衆院予算委員会で、立憲民主党などの野党は、2カ月半ぶりとなる安倍晋三首相との「直接対決」に全力を傾けた。この間に発覚したカジノを含む統合型リゾート(IR)事業を巡る汚職事件や、河井案里参院議員側への多額の選挙資金提供など、攻撃材料には事欠かないためだ。一方、与党執行部は「国民は既に『桜』やカジノに関心を持ってない」と冷ややかで、予算案の早期成立を図る構えだ。【野間口陽】

 立憲民主党の安住淳国対委員長は27日、予算委での野党質問を控えて国会内で取材に応じ、「昨年の臨時国会以来、首相が我々と直接一問一答方式でやるのはこれが初めてだ。国民の疑念を晴らすためにも野党として責務を果たしていきたい」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文685文字)

あわせて読みたい

ニュース特集