メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

パラリンピックを応援する=タレント・萩本欽一氏

 今夏の東京パラリンピックに向けて、タレントの萩本欽一さん(78)が「パラリンピックおじさんになる」と宣言したという。東京都のパラリンピック成功とバリアフリー推進を目指す著名人の懇談会にも名を連ねる。欽ちゃんは、パラリンピックのどこに魅せられたのか。欽ちゃん流の楽しみ方を聞いた。【聞き手・永山悦子、写真・丸山博】

――欽ちゃんは、なぜパラリンピックに関心を持つようになったのですか。

 テレビでロンドン・パラリンピック(2012年)の開会式を見たとき、客席がいっぱいになっていて、なんてすてきな人たちなんだろうと思った。それでパラリンピックの客席を埋めることが、すごい大事だってことに気付いたのね。その国の国民の気持ちが分かる大事な大会なんだな、と。それで、ロンドンに負けない東京にしたいって思ったの。

この記事は有料記事です。

残り2506文字(全文2856文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  2. 石川県で5人目の新型コロナ感染確認 出張の50代男性

  3. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  4. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  5. 確定申告の期間延長へ 政府 申告集中避ける狙い 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです