メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊サッカー

J1、今季VAR導入 主審の重圧、チームに分散

VARは3人1組での運用が基本形。中央がVAR、左がアシスタントVAR、右がリプレー・オペレーターの配置で、トレーニングでは指導役が後ろで見守る=茨城県龍ケ崎市で2019年12月17日午後1時36分、大谷津統一撮影

 Jリーグは2月21日開幕の今季J1リーグ戦で、主審の判定を映像で補助する「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)」を導入する。全306試合をカバーするため、どのような準備が進められ、VARはいかに運用されるのか。2019年12月に茨城県龍ケ崎市で行われた審判向けのVARトレーニングから実情を探った。【大谷津統一】

 「APP、スタート」「リセット」。暗幕で窓がすべて覆われた薄暗い部屋の中で、4台のモニターを3人が見つめ、淡々とした声が繰り返し響く。映し出されているのは、隣のピッチで行われている試合を8台のカメラで撮影した映像で、生中継と3秒遅れの2種類がある。

この記事は有料記事です。

残り1802文字(全文2087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  3. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです