メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外北海道が緊急事態宣言 知事「今週末の外出控えて」 新型コロナ
月刊サッカー

J1、今季VAR導入 主審の重圧、チームに分散

VARは3人1組での運用が基本形。中央がVAR、左がアシスタントVAR、右がリプレー・オペレーターの配置で、トレーニングでは指導役が後ろで見守る=茨城県龍ケ崎市で2019年12月17日午後1時36分、大谷津統一撮影

 Jリーグは2月21日開幕の今季J1リーグ戦で、主審の判定を映像で補助する「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)」を導入する。全306試合をカバーするため、どのような準備が進められ、VARはいかに運用されるのか。2019年12月に茨城県龍ケ崎市で行われた審判向けのVARトレーニングから実情を探った。【大谷津統一】

 「APP、スタート」「リセット」。暗幕で窓がすべて覆われた薄暗い部屋の中で、4台のモニターを3人が見つめ、淡々とした声が繰り返し響く。映し出されているのは、隣のピッチで行われている試合を8台のカメラで撮影した映像で、生中継と3秒遅れの2種類がある。

この記事は有料記事です。

残り1802文字(全文2087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです