京都市長選 現職・門川氏が優勢 福山、村山氏追う 毎日新聞社情勢調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2月2日に投開票される京都市長選について、毎日新聞は25、26日、電話による世論調査を実施し、取材結果も加味して情勢を探った。無所属3候補による争いは、4選を目指す現職の門川大作氏(69)=公明、自民府連、立憲民主府連、国民民主府連、社民府連推薦=が優勢で、弁護士の福山和人氏(58)=共産、れいわ新選組推薦=と元市議の村山祥栄氏(41)の2新人が追う展開となっている。ただ、約3割が投票先をまだ決めておらず、情勢は変わる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文721文字)

あわせて読みたい

注目の特集