メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぼうさい甲子園発表会 誰も、取り残さない 守る、みんなの手で(その2止)

 ◆ぼうさい大賞

 4年連続で小学生部門の「ぼうさい大賞」を受賞した徳島県阿南市立津乃峰小は今回、チャレンジクラブのメンバー9人が「避難所巡りの歌」を披露した。海沿いにある地元の名所や津波が来た時の避難場所となる高台の名前などを盛り込んでおり、校内で毎朝放送しているという。

 学校のスローガンは「自分の命は自分で守る。みんなの命はみんなで守る」。発表では、毎年実施している避難訓練について説明した。校区には、かつて塩田として使われていた場所もある。地震の際には液状化の心配があることを考慮して、これまでとは違う場所に避難する訓練もしているという。

 また地域へ防災頭巾や防災マップを配布していること、活動を振り返る防災シンポジウムを開いていることも報告。外国語の授業では防災用品の英語での呼び名を学び、算数では校舎と津波浸水の高さを計算するなど、学校が取り組む防災の考え方を取り入れた授業についても触れた。

この記事は有料記事です。

残り2466文字(全文2867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです