新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスによる肺炎への注意を呼びかける電光掲示板=関西国際空港で2020年1月24日、久保玲撮影
新型コロナウイルスによる肺炎への注意を呼びかける電光掲示板=関西国際空港で2020年1月24日、久保玲撮影

 中国湖北省武漢市を中心に広がる新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、政府が派遣するチャーター機による現地からの日本人の帰国が29日以降にずれ込む見通しとなった。チャーター機受け入れなどで中国当局との調整が続いているとみられる。

 政府は湖北省滞在の日本人退避に向けて、28日に全日本空輸のチャーター2機を武漢の空港に派遣し、同日夜に希望者を帰国させる予定だった。関係者によると、チャー…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

あわせて読みたい

注目の特集