新型肺炎 武漢へのチャーター機28日夜出発 200人が29日午前帰国へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中国・武漢市を中心に広がる新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、同市などに滞在する邦人退避のチャーター機を28日夜に派遣することを発表する茂木敏充外相=国会内で2020年1月28日午後0時47分、川田雅浩撮影
中国・武漢市を中心に広がる新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、同市などに滞在する邦人退避のチャーター機を28日夜に派遣することを発表する茂木敏充外相=国会内で2020年1月28日午後0時47分、川田雅浩撮影

 中国湖北省武漢市を中心に広がる新型コロナウイルスによる肺炎をめぐり、茂木敏充外相は28日昼、現地の日本人を退避させるためのチャーター機1機が今夜出発し、29日午前に帰国する見通しになったと明らかにした。帰国を希望する約650人のうち、今回のチャーター機でまず約200人を帰国させ、29日以降もチャー…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

あわせて読みたい

注目の特集