メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 武漢へのチャーター機28日夜出発 200人が29日午前帰国へ

中国・武漢市を中心に広がる新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、同市などに滞在する邦人退避のチャーター機を28日夜に派遣することを発表する茂木敏充外相=国会内で2020年1月28日午後0時47分、川田雅浩撮影

 中国湖北省武漢市を中心に広がる新型コロナウイルスによる肺炎をめぐり、茂木敏充外相は28日昼、現地の日本人を退避させるためのチャーター機1機が今夜出発し、29日午前に帰国する見通しになったと明らかにした。帰国を希望する約650人のうち、今回のチャーター機でまず約200人を帰国させ、29日以降もチャー…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです