メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

京都市長選に関して現職の門川大作氏の選挙母体「未来の京都をつくる会」が1月26日の京都新聞に掲載した広告=2020年1月28日、川平愛撮影

 2月2日投開票の京都市長選で、地元紙の京都新聞に掲載された広告が波紋を広げている。現職の門川大作氏(69)=公明、自民府連、立憲民主府連、国民民主府連、社民府連推薦=を支持する政治団体「未来の京都をつくる会」の広告で、「共産党の市長は『NO』」などのメッセージが添えられていた。ネット上には「共産党に対する悪質な攻撃だ」との意見が相次いだ上、広告に顔写真を掲載された日本画家の千住博さんや放送作家の小山薫堂さんらも「許可なく掲載され、遺憾だ」などと反発している。広告の内容に問題はないのだろうか。【大村健一/統合デジタル取材センター、大川泰弘、矢倉健次/京都支局】

共産党を批判「独善的な市政に陥らせてはいけません」

 京都市長選は、いずれも無所属で、4選を目指す現職の門川氏のほか、弁護士の福山和人氏(58)=共産、れいわ新選組推薦=と元市議の村山祥栄氏(41)の新人2人が立候補している。

 広告は1月26日の京都新聞朝刊に大きく掲載されたもので、門川氏の支持母体「未来の京都をつくる会」が広告主として記され、「大切な京都に共産党の市長は『NO』」「わたしたちの京都を共産党による独善的な市政に陥らせてはいけません」など共産党への批判が展開された。右端には、門川候補の写真付きの候補者広告が団体の広告に囲まれるような形で掲載された。

千住博さん「無断で掲載、遺憾」

 広告の下部では「ONE TEAMで京都を創ろう!」などの言葉とともに9人の著名人が顔写真付きで紹介された。しかし、このうちの一人、千住さんは27日、自身のホームページに「まるでこの様な活動に同意しているような意見広告に、千住の許可なく無断で掲載されたことを大変遺憾に思います」というメッセージを掲載した。2007~13年まで京都造形芸術大学学長を務めた時期に、門川候補を応援してきたことから「今回も推薦者として名前を連ねた」としつつ「アーティストとして、意見の多様性や議論の必要性を大切にしています。今回…

この記事は有料記事です。

残り1198文字(全文2032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです