メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピーク時には5倍の患者殺到、医師らにもストレス 武漢市へ医療従事者4000人到着

 新型肺炎の感染が集中する湖北省武漢市を中心に医療現場で人員や物資の不足が深刻化している。現地の医療態勢について、武漢市トップの馬国強(ばこくきょう)・市党委員会書記は27日の記者会見で、市内約60の医療機関に発熱外来があり、ピーク時は受診者が1日計1万5000人を超えたと説明した。例年は同3000人前後で、5倍もの患者が殺到したことになる。国家衛生健康委員会によると、27日の受診者数も計1万261人で重い負担が続く。

 中国政府も対応は進めており、国家衛生健康委員会の幹部は28日の記者会見で、武漢市と周辺6都市に、全国から計4130人の医療従事者が到着し、同日までに6000人規模になると説明した。医師や看護師が過酷な勤務で強いストレスにさらされていることについても、専門家を配置して対応に当たっているという。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです