メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良の男性はバス運転手 武漢からのツアー客乗せ感染か 日本で初の「ヒトからヒト」の可能性

 中国湖北省武漢市で確認された新型コロナウイルスによる肺炎について、日本の厚生労働省は28日、武漢市への渡航歴がない奈良県在住の60代日本人男性が感染したと発表した。男性は武漢市からのツアー客を乗せたバスの運転手だった。厚労省は「バスの中で感染者からうつった可能性が高い」とみている。確認されれば国内でヒトからヒトに感染した初めての例となる。別に武漢市から訪日した40代男性と40代女性にも感染が確認され、国内の感染者は7人になった。日本人の感染が確認されたのは初めて。

 厚労省によると、奈良県在住の男性は、1月8~11日に大阪から東京、12~16日に東京から大阪へバスを運転し、武漢市からのツアー客を乗せた。男性は、14日にせきや関節痛の症状が出はじめ、17日に奈良県内の医療機関を受診。検査に異常はなく経過観察となったが、症状が悪化したため、25日に再び受診し、入院した。男性の全身状態は改善傾向にある。他に明らかな肺炎症状のあるツアー客はいなかった。国土交通省は2…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文1041文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  2. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  3. 北関東の豚盗難に関与か、ベトナム人宅を家宅捜索 2人を入管法違反容疑で逮捕

  4. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです