新型肺炎で渡航禁止 北海道で宿泊キャンセル相次ぐ 雪まつりシーズンに暗雲

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中国人観光客らを迎えるため、春節の装飾が施された狸小路商店街。マスクを着けて歩く人たちの姿が目立った=札幌市中央区で2020年1月27日、澤俊太郎撮影
中国人観光客らを迎えるため、春節の装飾が施された狸小路商店街。マスクを着けて歩く人たちの姿が目立った=札幌市中央区で2020年1月27日、澤俊太郎撮影

 新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、中国から海外への団体旅行禁止措置が取られる中、北海道内で宿泊客のキャンセルが相次ぐなど影響が出ている。道観光局によると、春節(旧正月)を含む1~3月に道内を訪れる中国人は例年30万人前後。札幌市では雪まつりの開幕も控え、関係者らは不安を募らせている。

 ホテルや旅館が集まる札幌市南区の定山渓温泉。あるホテルは25日、中国の旅行会社から約250人分の宿泊をキャンセルされた。今月から「氷瀑(ひょうばく)まつり」が開かれている層雲峡温泉(上川町)の主な宿泊施設は計…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

あわせて読みたい

ニュース特集