メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野田虐待死 児相所長らに「文書訓告」 千葉県「過去に懲戒、処分の事例ない」

千葉県庁=千葉市中央区で2019年2月22日、町野幸撮影

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)が虐待を受けて死亡した事件で、県は27日、事件で対応した柏児童相談所の所長(57)と前所長(57)の2人を文書訓告処分とした。懲戒処分に至らない文書訓告にとどめ、処分対象に担当職員を含まず幹部に限定した。

 県総務課の城之内聖康副課長は「職員個人の至らない対応はあったが、女児のケースワークの最終責任者として所長の責任を問うた」とする一方、懲戒処分としなかった理由について「過去2年間の全国の虐待死亡事件で、職員の懲戒処分や処分の事例はなかったため」と説明した。

 専門家による県の検証委員会は2019年11月、「(女児は)救える命だった」とする報告書を県に提出した。報告書は、柏児相の担当者が父親に虐待の通告元を漏らしたり、女児の一時保護後に一度も判定会議を開かず、性的虐待の情報を十分に評価しないまま保護解除の方向性を決めたりした点などを列挙。「虐待への対応の基本が不徹底で担当者の知識が不足したり、援助方針会議が形骸化するなど組織的な対応が不十分だったりして…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 特集ワイド コロナショック 感染拡大のスピード遅らせよ 政府専門家会議副座長・尾身茂氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです