米国のシンボル、ハクトウワシ 日本本土で初確認、撮影に成功

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本本土で初めて撮影された米国の国鳥ハクトウワシ=北海道東部の野付湾で2020年1月27日午前9時51分、野付半島ネイチャーセンター長の藤井薫さん撮影
日本本土で初めて撮影された米国の国鳥ハクトウワシ=北海道東部の野付湾で2020年1月27日午前9時51分、野付半島ネイチャーセンター長の藤井薫さん撮影

 米国の国鳥、ハクトウワシ1羽が北海道東部の野付(のつけ)湾に飛来し、野付半島ネイチャーセンター長の藤井薫さんが撮影に成功した。山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)によると、北方領土・国後(くなしり)島への飛来記録はあるが、日本本土での確認は初めてだという。

 藤井さんは27日午前10時ごろ、別海町の野付湾でオオワシを観察中、頭の白いハクトウワシが交ざってい…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

あわせて読みたい

注目の特集