「どんな農家がどこでどう作ったか」作物情報を可視化 農機会社がウェブメディア開設

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「農業を切り口に、人々の人生や思いに焦点を当てたい」と話す高藤友依さん=長野県東御市鞍掛の唐沢農機サービスで2020年1月17日午前11時35分、錦織祐一撮影
「農業を切り口に、人々の人生や思いに焦点を当てたい」と話す高藤友依さん=長野県東御市鞍掛の唐沢農機サービスで2020年1月17日午前11時35分、錦織祐一撮影

 農機販売会社「唐沢農機サービス」(長野県東御市)が、農業にまつわるウェブメディア「TSUCHIKAU(ツチカウ)」(https://www.tsuchikau.com/)を開設した。同社は「日本の農業の未来を『培う』人たちや取り組みを知ってほしい」と話す。

 同社は、唐澤健之社長(39)が実家の農機修理業を継承して2007年に法人化。兼業農家をターゲットにした農機販売に加え、農産物の販売サイト「農家直売どっとこむ」(https://www.e-noson.com/)を内製化したのを機にITサービスにも進出。19年8月期の売…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文661文字)

あわせて読みたい

ニュース特集