メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニメ好調、映画興行収入過去最高2611億円 入場者数は48年ぶり1.9億人超す

映画「天気の子」(全国東宝系公開中)のメインビジュアル (C)2019「天気の子」製作委員会

[PR]

 日本映画製作者連盟(映連、会長・岡田裕介東映グループ会長)は28日、2019年の映画の売り上げを表す国内の興行収入(興収)が、過去最高の2611億8000万円(前年比117・4%)になったと発表した。19年6月には多くの映画館が入場料金やサービス料金を100円値上げしたにもかかわらず、入場者数も1億9491万人に上り、1971年以来48年ぶりに1億9000万人を超えた。

 アニメ「天気の子」や複数のディズニー映画で興収100億円超の大ヒット作が相次いだことや、シネコン(複合映画館)が定着したことが要因という。また、洋画、邦画を合わせた公開本数は計1278本で過去最多だった。

 興収上位には、アニメや過去のヒット映画の続編、派生作品が目立つ。岡田会長は「昔は男優、女優のスターがいた。今のスターはアニメのキャラクター。我々はお客さんが望むものを作っていく」と語った。【井上知大】

2019年の興収上位作品(単位・億円)

■邦画

①天気の子           140・6

②名探偵コナン 

紺青の拳(フィスト)      93・7

③キングダム          57・3

④劇場版「ONE PIECE STAMPEDE」 55・5

⑤映画ドラえもん 

のび太の月面探査記       50・2

■洋画

①アナと雪の女王2       127・9

②アラジン           121・6

③トイ・ストーリー4      100・9

④ライオン・キング       66・7

⑤ファンタスティック・

ビーストと黒い魔法使いの誕生  65・7

※日本映画製作者連盟調べ

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  5. ウーバーイーツ、広島上陸 中国初、国内11カ所目 50カ国語に対応 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです