訪問看護3割強、訪問入浴1割強しか使わず 家族に重い負担 長野の医療的ケア児

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「支援が広がってきてはいるものの、家族の負担は非常に大きい」と語る信州大医学部の亀井智泉特任助教(左)=県庁で2019年12月17日午後2時5分、坂根真理撮影
「支援が広がってきてはいるものの、家族の負担は非常に大きい」と語る信州大医学部の亀井智泉特任助教(左)=県庁で2019年12月17日午後2時5分、坂根真理撮影

 医学の進歩に伴い、新生児集中治療室(NICU)を退院した後も人工呼吸器や栄養剤注入など医療的ケアが必要な子ども「医療的ケア児」が増加している。厚生労働省によると全国に約2万人。そのうち、長野県内には少なくとも508人(2019年4月現在)いることが、このほど開かれた「県医療的ケア児等支援連携推進会議」で初めて明らかになった。必要な支援は届いているのか、台風19号の豪雨災害で浮かんだ課題とは――。支援者や専門家らが今後の支援策について議論を重ねた。【坂根真理】

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1270文字)

あわせて読みたい

注目の特集