政府チャーター機、中国・武漢に到着 200人乗せ早朝に帰国予定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本政府がチャーターした全日空機(ボーイング767)1機は28日深夜(日本時間29日未明)、新型コロナウイルスによる肺炎の感染が集中する中国湖北省武漢市の空港に到着した。同省内に滞在する日本人ら約200人を乗せ、29日朝には羽田空港に帰国する。現地では約650人が帰国を希望しており、29日以降も退避のためにチャーター機などを手配する。

 海外の治安悪化などを理由に政府が民間機や政府専用機などで日本人を退避させたことはあるが、感染症発生を受けて多数の日本人を航空機で退避させるのは初めて。発生源と疑われる武漢市の海鮮市場や、人の往来が多かった空港近くに滞在する日本人らを優先して帰国させる。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文764文字)

あわせて読みたい

注目の特集