メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎で沖縄、博多キャンセル拡大 クルーズ船寄港取りやめ

 中国国外への団体旅行の停止措置による日本国内の観光への影響は日に日に拡大している。

 年間75万人が中国本土から訪れる沖縄県。毎日新聞の取材によると、宮古島市の平良(ひらら)港に29日と2月2日に入る予定だったクルーズ船が寄港を取りやめ、那覇港に29日に入港予定の2隻はいずれも客を乗せていないという。代理店などによると、4隻で最大約1万3000人が乗船予定だった。

 豊見城(とみぐすく)市では28日、観光業関係の団体などが緊急会議を開き、県ホテル協会の当山智士会長が「協会加盟のホテルでのキャンセルは延べ1万泊分、(実人数で)4000人程度になる」との見込みを示した。「感染が中国全土に広がれば、沖縄の主要産業である観光にもかなりの影響が出る」と懸念する声が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです