メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

大阪府庁=大阪市中央区大手前で2019年2月25日、芝村侑美撮影

[PR]

 大阪府は28日、府内で新型肺炎の感染者が確認された場合、国が公表していない入国の経路や時間帯、滞在した市町村名と日程を府独自で公表することを決めた。感染者がマスクを着用していなかったなど感染リスクが高い場合は詳細な滞在エリアの公表も検討する。吉村洋文知事は「府民が自己防衛策を取れる情報を提供することが重要だ」と述べた。

 一方で渡航歴のない奈良県内の男性が感染したことについて報道陣に「国は本当は公表すべきだ」と感染者の移動歴をオープンにするよう注文をつけた。

 府は、中国・武漢市への渡航歴があり、発熱などの症状がある府民を対象とした相談窓口(06・6944・8197)を29日から設けることも決めた。【津久井達】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです