新型肺炎で囲碁国際棋戦延期 4月上旬に上海で予定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本棋院は28日、新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、4月上旬に中国・上海で予定されていた国際棋戦「応氏杯世界選手権」が延期になったと発表した。主催の応昌期基金会(台湾)から同日連絡が入ったという。日本からは本因坊文裕(30)=井山裕太九段、芝野虎丸名人(20)ら6人が出場予定だった。

 また、2月中旬に中国・上海で予定されて…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文251文字)

あわせて読みたい

注目の特集