メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎で囲碁国際棋戦延期 4月上旬に上海で予定

 日本棋院は28日、新型コロナウイルスによる肺炎の流行を受け、4月上旬に中国・上海で予定されていた国際棋戦「応氏杯世界選手権」が延期になったと発表した。主催の応昌期基金会(台湾)から同日連絡が入ったという。日本からは本因坊文裕(30)=井山裕太九段、芝野虎丸名人(20)ら6人が出場予定だった。

 また、2月中旬に中国・上海で予定されて…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文251文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです