新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中国・武漢での滞在歴がない日本人男性の新型コロナウイルスによる肺炎感染について開かれた厚生労働省の記者会見=東京都千代田区で2020年1月28日午後8時2分、北山夏帆撮影
中国・武漢での滞在歴がない日本人男性の新型コロナウイルスによる肺炎感染について開かれた厚生労働省の記者会見=東京都千代田区で2020年1月28日午後8時2分、北山夏帆撮影

 中国武漢市からのツアー客からバス運転手が感染したとみられる事例が起きた。中国からの旅行者らが患者として見つかったケースと異なり、国内初のヒト・ヒト感染の可能性が高く、感染防止の徹底が求められる。

 感染者から別の人にうつる2次感染については、中国のほか、ベトナムでも確認されている。海外の感染症に詳しい東京医大の濱…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

あわせて読みたい

注目の特集