メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大津園児死傷 被告に禁錮4年6月の実刑 大津地裁判決
特集ワイド

大災害、予防減災できる 民間で進む技術に希望 文化人類学者・竹村眞一教授が提言

東京都千代田区の「地球大学」の開催会場で=北山夏帆撮影

 「ニューノーマル」という言葉をご存じだろうか。昨秋の台風15号、19号のように、異常気象で大災害が「常態化」していることを指す。では、被害の大規模化を防ぐ方策はないものか。文化人類学者の竹村眞一・京都造形芸術大教授(60)は地球規模の気候変動に加え「社会の免疫力の低下」に注目する。【沢田石洋史】

 竹村さんは東京・丸の内で気候変動やSDGs(持続可能な開発目標)をテーマとした講座「地球大学」を主宰する。2006年から続き、現在は2カ月に1回程度、研究者や企業人らを招き「地球の未来」を探る対談を重ねる。記者が初参加したのは15年夏。竹村さんは大胆な提言を次々繰り出す。例えばこんな話だ。

 「国土の4分の1が海面下のオランダでは、水害や海面上昇対策として水に浮かぶ浮体式住宅が主流になりつつあります。浮かんでいれば水没の恐れもない。このくらい大胆な発想転換が必要な時代になりました」

この記事は有料記事です。

残り2651文字(全文3043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  2. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

  3. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  4. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  5. 東京マラソン 一般参加者の縮小検討 新型肺炎受け「あらゆる想定している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです