メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 TBSの「サンデーモーニング」は新年1回目に特番を組む。今年は「“幸せ”になれない時代?~分断と格差深まる世界~」というテーマだった。2019年の世界の混乱、覇権国・米国の盛衰と世界の分断を指摘した内容で、なぜこれほど「不安」が社会を覆っているのか、という問いでもあった。

 私は三つのことを述べた。第一は、難民支援のありかただ。単なる経済支援や移民政策ではなく、難民自身が経済的に自立するための支援が必要である。オックスフォード大学難民研究センターの小俣直彦准教授から、難民自身の経済活動について伺ったことがある。その分野の専門家はまだ小俣さん以外にほとんどいない、ということだ。難民排斥の理由は経済援助…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ、都内で感染者68人確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです