メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

押しつぶされた民家の前で「中に人がいるから早く助けて」と座り込む家人(手前中央)=兵庫県西宮市松生町で1995年1月17日午前7時撮影

 あの朝、なぜか前夜から眠れず、着替えて出勤しようとしていた。兵庫県西宮市内の自宅で迎えた震災の瞬間。照明が消え、ごう音と震動の中、体が固まって動けなかった。

 揺れが収まり、慌てて外に飛び出すと、2階建ての木造共同住宅が倒壊していた。屋根の下からはくぐもったうめき声。近所の人たちと柱やはりをどけようとしたが、動かなかった。

 近くの公衆電話は生きていたが、119番は話し中で通じない。やむなく本社に電話して「家がいっぱい倒れてる。そこから西宮市消防局に通報して」と頼んだが、まだニュースも流れておらず、受けた宿直の記者は事情が分からない様子だった。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 鉄パイプ落下 男性死亡 歩行中、頭に刺さる 東京・六本木

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです