連載

記者たちの記憶・阪神大震災25年

阪神大震災が1月17日で発生から25年の節目を迎える。毎日新聞では記者が全国から集結、長期にわたり取材に当たった。東日本大震災が起きるまで、国内では戦後最大だった自然災害から四半世紀を経て、記者が当時を振り返る。

連載一覧

記者たちの記憶・阪神大震災25年

次はどうするだろう

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
押しつぶされた民家の前で「中に人がいるから早く助けて」と座り込む家人(手前中央)=兵庫県西宮市松生町で1995年1月17日午前7時撮影
押しつぶされた民家の前で「中に人がいるから早く助けて」と座り込む家人(手前中央)=兵庫県西宮市松生町で1995年1月17日午前7時撮影

 あの朝、なぜか前夜から眠れず、着替えて出勤しようとしていた。兵庫県西宮市内の自宅で迎えた震災の瞬間。照明が消え、ごう音と震動の中、体が固まって動けなかった。

 揺れが収まり、慌てて外に飛び出すと、2階建ての木造共同住宅が倒壊していた。屋根の下からはくぐもったうめき声。近所の人たちと柱やはりをどけようとしたが、動かなかった。

 近くの公衆電話は生きていたが、119番は話し中で通じない。やむなく本社に電話して「家がいっぱい倒れてる。そこから西宮市消防局に通報して」と頼んだが、まだニュースも流れておらず、受けた宿直の記者は事情が分からない様子だった。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文511文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集