メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

多士彩々

「親は最大の応援者に」 障がいのある子への接し方、本に 川岸恵子さん(63) /埼玉

川岸恵子さん

 <多士彩々(たしさいさい)>

 障がいがあった長男を育て、久喜市などで障がい者を支援するNPO法人「あかり」代表理事の川岸恵子さん(63)。2019年6月には自身の子育てや「あかり」で積み重ねた実践を元に、子供への接し方などをまとめた「障がいのある子を育てるのが楽になる本」(現代書林)を出版した。障がいを持つ子の両親、特に母親に向けて「親は最大の応援者に」とエールを送る。【上野宏人】

この記事は有料記事です。

残り1320文字(全文1513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いっそ営業禁止と言ってほしい」人影途絶えた歌舞伎町 風俗業界も深刻

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. 14都道府県26カ所でクラスター発生 東京・兵庫が最多4カ所 厚労省公表

  4. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  5. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです