メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型肺炎 府が相談窓口を開設 感染防止策徹底へ きょう /京都

 中国湖北省武漢市を中心に広がる新型コロナウイルスによる肺炎が閣議決定で指定感染症とされたことを受け、府は28日、部局長会議を開いた。テレビ会議システムで市町村ともつないで情報を共有し、感染防止対策の徹底を図った。

 関係部局からの報告の後、西脇隆俊知事は、府内で検体検査ができる体制の構築▽府民の不安…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・北区の2店舗でクラスター、18人感染 ナイトクラブは店名公表拒否

  2. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  3. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 「看護師病欠多く、おかしい…」 多数感染・台東区の病院職員が感じた異変

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです