メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恋人はあなたの「モノ」ではない デートDV防止授業 舞鶴・和田中 /京都

「デートDV防止」に向けて講演する足立淳子さん=舞鶴市の和田中で、行方一男撮影

 「デートDV(恋人間に起きる暴力)防止」について考える授業が27日、舞鶴市和田の和田中学校であった。NPO法人女性と子供支援センター「ウィメンズネット・こうべ」の足立淳子さんを講師に迎え、3年生約40人に講義した。一般参加者約20人も聴き入り、カップルで対等な関係を築くことの大切さなどを学んだ。

 加害者にも被害者にもならずに生きていけるよう、10代のうちからDVに対する正しい知識を身につけて防止に役立てようと、舞鶴市が初めて中学生を対象に開催した。

 足立さんは「DVは同性同士でも起こりえるため、からかいや笑いものにすると人権侵害にあたることも知ってほしい」と注意を促した。DVは身近なところであり、被害を受けたことがある女性は31・3%、男性は19・9%。女性は3人に1人、男性は5人に1人程度が受けている計算という。お互いに対等な関係をつくることが重要で、事例を交えた寸劇を見てもらいながら語った。

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 宮藤官九郎さん新型コロナ感染 「まさか自分が、と過信してしまい…」

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  5. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです