メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京スポ自由席 バスケットボール 3カ月ぶりホームで勝利 ハンナリーズ、西地区3位 /京都

琉球戦でジャンプシュートを決める寺嶋良選手(中央)=ハンナリーズアリーナで、矢倉健次撮影

 バスケットボール男子、Bリーグ1部(B1)の京都ハンナリーズは第18節の22日、ハンナリーズアリーナ(京都市右京区)で琉球ゴールデンキングスに今季4回目の対決で初めて92―78で勝った。ホームでの勝利は2019年10月27日以来3カ月、8試合ぶり。第19節の24、25両日は、中地区で首位を独走する川崎ブレイブサンダースとアウェーの川崎市とどろきアリーナで対戦。82―78、51―94と星を分け、連勝は7でストップした。通算成績は15勝17敗で西地区3位で変わらない。【矢倉健次】

 琉球戦は立ち上がりから守備、攻撃が機能した。ルーキー、寺嶋良選手が攻撃をリードし、第1クオーターはジュリアン・マブンガ選手、松井啓十郎選手らの3点シュートが次々と決まった。3点ライン外側の警戒が強まると、ゴール下に切り込む攻めが有効となり、デイビッド・サイモン選手が本領を発揮。前半で28点差をつけて、ほぼ大勢を決めた。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文943文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 新型コロナ 通夜や葬儀への参列で集団感染 松山

  5. 西村担当相は否定 ネットで緊急事態宣言「記者に漏らした」情報 法的措置も検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです