メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者の絵や書紹介 桜井で来月8日から /奈良

 障害者らの作品を紹介する「第3回卑弥呼の里芸術祭」が2月8~11日、桜井市粟殿の市民会館ロビーで開かれる。市内の障害者や健常者らによる絵画や書、工芸品、陶芸作品など約100点が並ぶ。入場無料。

 「文化を考える桜井市民の会」や「うるわしの桜井をつくる会」などで作る実行委員会(楠木克弘代表)が開催。今…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  2. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです