メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見聞録

奈良斑鳩ツーリズムWaikaru(斑鳩町) 宿泊施設やトゥクトゥク備え 多彩な体験プログラム /奈良

多種多様な体験プログラムを提案するツアーデスク=斑鳩町法隆寺東1の奈良斑鳩ツーリズムWaikaruで、加藤佑輔撮影

 斑鳩町内のさまざまな体験プログラムを提案する観光案内所「奈良斑鳩ツーリズムWaikaru」が2019年2月にオープンした。施設を運営するのは、同町の不動産会社「斑鳩産業」(井上雅仁社長)。プログラムで特に人気のトゥクトゥクの体験や、同社が運営する民泊施設などを案内してもらった。【加藤佑輔】

 案内所では、町内の各店舗と連携し、陶芸体験やリース作りなど24の体験プログラムを用意。今回は、東南アジアで親しまれている三輪自動車、トゥクトゥクの乗車体験をさせてもらった。車は、俳人・正岡子規の「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」の句にちなみ、緑とオレンジ色で塗装した「柿」をイメージさせるデザインだ。

 同社まちづくり事業部の岩川健太郎さん(33)の運転で、観光案内所前から法隆寺や法輪寺、法起寺など町内の観光名所の前を巡った。ポップなデザインの車で田んぼ道を駆け抜けるのは非日常的な感覚で、遊園地のアトラクションに乗っているような気分に。「田園風景の中で風を感じられて気持ち良いというお客様も多いんですよ」と岩川さん。分かる気がした。

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文1150文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです