メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古里自慢かるた取り 5校から選抜、児童100人熱戦 /和歌山

かるた競技会で絵札を取り合う子供たち=かつらぎ町のかつらぎ総合文化会館で、松野和生撮影

 古里自慢を盛り込んだ「かつらぎかるた」の競技会が26日、かつらぎ総合文化会館(同町丁ノ町)であった。町立の五つの小学校から選抜された児童約100人が、練習の成果を発揮した。

 かるたは、町発足60周年記念事業の一環で、2019年に作成された。町立の五つの小学校と二つの中学校全てに読み札の最初の1字を割り振り、札の文章と絵…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです