メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取市民体育館 建て替え業者、広島の企業Gに交渉権 21年着工目指す /鳥取

新・鳥取市民体育館のイメージ図=鳥取市教委生涯学習・スポーツ課提供

 老朽化に伴い、建て替え業者を公募している鳥取市民体育館(鳥取市吉成3)について、市は、建設コンサルタント会社「合人社計画研究所」(広島市)の事業者グループを優先交渉権者に決めた。民間ノウハウを活用した「PFI方式」で整備されるが、市が同方式を採用するのは初めてとなる。【阿部絢美】

 市教委生涯学習・スポーツ課によると、2019年5~12月に公募したところ3グループが応募。合人社計画研究所ら8社でつくるグループが15…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです