特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

長崎原爆の日 被爆者代表を公募で 募集期間、来月3日~3月31日 平和への誓い選定審査会 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
被爆者代表の選出について話し合う審査会の委員ら
被爆者代表の選出について話し合う審査会の委員ら

 長崎原爆の日(8月9日)の平和祈念式典で「平和への誓い」を読む被爆者代表の選定審査会(会長=舩山忠弘・長崎平和推進協会副理事長)が28日、長崎市役所で2020年の初会合を開き、被爆者代表を公募で選ぶ方針を確認した。公募は4回目。2~3月に募集し5月に決定する予定。

 審査会は、長崎の被爆者5団体のメンバーを含む委員5人で構成。20年から県被爆者手帳友の会の朝長万左男会長(76)が新たに委…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集