メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

朝鮮半島と山口県=古賀攻

 <sui-setsu>

 改定から60年の日米安保条約論が盛んだが、これに先だって戦後日本の外交・安保に決定的な影響を及ぼしたのが朝鮮戦争だ。今年は勃発から70年にあたる。

 1950年6月25日開戦。在日米軍の出動を決めたマッカーサーは直ちに自衛隊の前身、警察予備隊の創設を吉田茂に指示する。翌年のサンフランシスコ会議で対日講和が寛大になったのも、朝鮮戦争で日本の価値が増したからだ。

 この戦争に山口県は一自治体のレベルを超えて関わっている。

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  2. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  3. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです