連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

国産ウイスキー、なぜ販売終了? 需要高まり原酒不足に 大量生産は時間が必要=回答・本橋敦子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
販売を終了するニッカウヰスキーの「竹鶴17年」=アサヒグループホールディングス提供
販売を終了するニッカウヰスキーの「竹鶴17年」=アサヒグループホールディングス提供

 なるほドリ 国産ウイスキーの販売終了や休止が相次いでいると聞いたよ。

 記者 ニッカウヰスキーは、主力の「竹鶴(たけつる)」のうち年代物の「17年」「21年」「25年」の3種類の販売を3月末に終了します。キリンビールも2019年3月に「富士山麓(さんろく)樽熟(たるじゅく)原酒(げんしゅ)50度」の販売を終了。サントリースピリッツも18年に「白州(はくしゅう)12年」「響(ひびき)17年」を販売休止しました。いずれも原酒不足が原因です。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文796文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集