メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希少ネズミ、ピンチ 沖縄北部で野ネコが捕食 琉球大など調査

オキナワトゲネズミ。一般的な体毛の他にトゲ状の毛が生えているのが特徴=どうぶつたちの病院沖縄提供

 世界自然遺産候補地の沖縄本島北部(やんばる地域)で、この地域にしか生息しない貴重な動物が野生化したネコに脅かされている。

 琉球大などの調査で、国の天然記念物、オキナワトゲネズミなどの希少種が捕食されている実態が明らかになった。

 オキナワトゲネズミは体長十数センチの夜行性のネズミで、一般的な体毛の他に2センチほどのトゲ状の毛が生えているのが特徴。沖縄本島北端に位置する国頭村(くにがみそん)の中でも西銘岳(にしめだけ)(標高420メートル)周辺のみに生息するとされ、環境省の絶滅危惧IA類(ごく近い将来に絶滅の危険性が極めて高いもの)に指定されている。森林伐採などで絶滅したと考えられていたが、2008年に30年ぶりに生きた個体が捕獲…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです