メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

めまいが改善しない=答える人・堤剛教授(東京医科歯科大・耳鼻咽喉科)

堤剛教授(東京医科歯科大・耳鼻咽喉科)

 Q めまいが改善しない

 2、3年前からめまいが起きます。耳鼻科や神経内科で診察を受けましたが、全然よくなりません。どうしたらいいでしょうか?(水戸市、女性、80歳)

 A めまい平衡医学会認定医に相談を

 人は目や耳、手足の筋肉などから外部の情報を集め小脳で統合させて体のバランスを保っています。そのため、これらに障害が生じるとめまいを感じやすくなります。めまいの種類や持続時間などから総合的に診断します。

 めまいで最も多いのは「良性発作性頭位めまい症」です。寝返りや、起き上がろうと頭を動かした時にぐるぐると目が回ります。数十秒以内に症状は消え、意識・運動障害を伴わないのが特徴です。治療は血流をよくする循環改善剤やビタミン剤、抗ヒスタミン剤などを服用します。耳の奥にある耳石という器官がずれて起きるので、頭を回転させて石の位置を元に戻す理学療法を施します。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. コロナは政治を変えたのか 中北教授が読む与党の「慢心」と野党に欠ける「帆」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです