メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 心肺蘇生実施しない意思尊重=白十字訪問看護ステーション統括所長・秋山正子

 東京消防庁は昨年12月、救急隊が駆け付けた時、既に心肺停止状態にある成年の傷病者に限り、心肺蘇生を望まない意向を示したものが確認できた場合の新しい対応方針を示した。もちろん、これには「条件」がつく。

 前もって十分に話し合いがなされ、自分が心肺停止となった時に「心肺蘇生を実施しない意思」を持っていることが確認できた場合だ。これまでの制度では、心肺蘇生をしながら救急病院へ搬送されるのだが、連絡の取れたかかりつけ医らが死亡診断できるという対応方法が提示された。

 平均寿命がもうすぐ90歳に届く超高齢社会。8割の人が病院で亡くなるという時代が半世紀も続き、人々は亡くなりゆく人を身近でみる経験をしないまま、全てを病院の中で完結させている。このためか、最期の場面に立ち会うことになった家族らが慌てて救急要請する場合が見受けられる。本人は「家で」と望んだのに、救急車を呼ぶことが救命を希望したという意思表示ととらえられ、心臓マッサージをはじめとしてさまざまな医療処置…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文1103文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 「鳥取・島根に観光」記事 おわびして削除します

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです