メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴール持てば道見える ノーベル・吉野さん、母校で講演

母校の大阪府立北野高校を訪れ、生徒とタッチを交わしながら講演に臨むノーベル化学賞受賞者の吉野彰さん=大阪市淀川区で2020年1月28日、平川義之撮影

 ノーベル化学賞を受賞した吉野彰さん(71)が28日、母校の大阪府立北野高校(大阪市淀川区)で記念講演した。在校生や卒業生ら約1500人にリチウムイオン電池誕生の経緯などを語り、目標を見失わないことの大切さを伝えた。

 旭化成の研究員として同電池を開発した経緯を語ったほか、北野高校時代の一番の思い出として淀川沿いを走る伝統のマラソン行…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  2. 感染拡大でもなかなか減らない通勤 「窮屈な」日本特有の働き方

  3. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  4. 和歌山・紀の川市立中でクラスター 教員3人が新型コロナ感染

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです